スポンサーサイト

2017.01.04 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    第二回のご出現 つづき

    2014.07.17 Thursday

    0
      『ファチマのロザリオの聖母』渡辺吉徳編訳…ドン・ボスコ社 1983年改訂3版(1954年初版)より

      貴婦人の言葉が聞こえなかったフランシスコは、自分に関する秘密を二人の少女の口から聞いた。居合わせた人々はルチアの言葉を聞いたが、出現者を見も聞きもしなかった。
       しかし、いろいろなことが彼らの注意をひいた。出現のあいだじゅう、ずっと六月の輝く太陽はその光を失って、あたりは黄色くなった。六月で樹木の枝はみな長い若い芽でいっぱいであったが、出現の終わりにルチアが貴婦人は東のほうへ行かれると知らせた時、木の枝は寄り集まり、同じ東のほうに向かってたわんだ。あたかも貴婦人の着物が枝の上で引きずられたように。
       ご出現が消えても、子供たちも立会人たちも立ち去りかねていた。彼らは聖母の連祷を唱え、それからロザリオを唱えながら出発した。立会人たちは自分らの見たこと、子供たちの口から聞いたことを人々に伝えたので、うわさは小教区の域をこえて、周辺の地方に広がっていった。
       この第二回ご出現の目撃者に、ラ・モイタ部落のマリア・カレイラ婦人がある。のちに人々は彼女を「小聖堂のマリア」と呼んだ。彼女はコヴァの聖場の建設のため、み摂理の道具となるべき人である。

      つづく 

      第二回のご出現 六月十三日

      2014.07.05 Saturday

      0

        『ファチマのロザリオの聖母』渡辺吉徳編訳…ドン・ボスコ社 1983年改訂3版(1954年初版)より

        第二回のご出現 六月十三日

        六月十三日(水曜日だった)。この日はパドアの聖アントニオの祝日であり、ポルトガルの保護聖人であると同時に、ファチマ小教区の保護聖人でもあった(聖アントニオ・デ・パドアはポルトガルでは聖アントニオ・デ・リスボンと呼ぶ。聖人はパドアで亡くなったが、リスボンで生まれ、二十五歳までそこにいた)。この日は、この地方の中心地オーレムに大市が立つ習慣であった。ヤシンタとフランシスコの両親は朝早く出発して市へ行った。それは子供たちの語る出現を気にしていないしるしである。人々は小教区の祝いに出かけた。六十名たらずの人が、どちらかというと好奇心から、コヴァに集まった。
         正午前に、三人の子供たちはコヴァに着いた。彼らは先月最初のひらめきを見た場所にひざまずいた。ロザリオを唱えたのち、ルチアは立ちあがり、聖堂へ入ろうとする時のように身づくろいをしてから、東のほうを向いて”美しい貴婦人”を待った。
         人々は彼女にたずねた。
        「まだ長く待たねばならないのか?」
        「いいえ」と少女は答えた。
        他の二人の子供たちがもう一本のロザリオを唱えましょう、といったとたんに、ルチアがおどろきの身振りをして呼んだ。
        「あッ、光! 貴婦人がおいでになります。」
        そして他の二人といっしょに坂の下、先の出現のあった小さなひいらぎのそばへかけつけた。ご出現であった。
        「あなたさまは、私にここに来ることをお求めになりました。あなたさまのお望みになることを、どうぞ私におっしゃってください。」
         出現者はつぎの月の十三日にもそこに来るように、と答えられ、また、毎日ロザリオを唱えることを勧め、そしてつけ加えられた。
        「私は、あなたが読み書きができるように勉強してほしい」と。(当時ポルトガルでは初等の学校教育はあまり普及されていなかった。)
         ルチアは人から自分に頼まれていたある病人の治癒をお願いした。
        「改心するように、そうしたら一年のうちに治るでしょう」とお答えになった。
         ずっとのちに、ルチア(彼女が修道女となって後に)が知らせたことであるが、この時ルチアは元気を出して出現者にたずねた。
        「私たちを天国へ連れて行ってくださるようお願いしたいのですが。」
         このときの貴婦人の答えは”小さな秘密”として、しばらく人々は推量するだけであったが、後年ルチアが語ったところによると、つぎのようであった。
         「そう、ヤシンタとフランシスコは、まもなく私は連れに来ましょう。しかしあなたはこの地上にもっと長く残らねばなりません。イエズスさまはあなたを使って、人々に私を知らさせ、愛させることを欲していらっしゃいます。イエズスさまは世界に私の汚れない心の信心を設定することを望んでいらっしゃいます。」
        「では、私はたった一人地上に残らねばならないのですか。」
        とルチアは、小さな信頼する二人の友人と離れて生活することを思って、たいへん悲しそうにたずねた。
        「いいえ、わが子よ、…それをあなたはたいへん苦しみますか?…元気を失ってはいけません。私は決してあなたを見すてません。私の汚れない心は、あなたの避難所となり、あなたを神さまへ案内する道となりましょう。」
         こういわれて(ルチア修道女のもう一つの手記によると)、聖母は第一回後出現の時のように両手を開かれると、強い光線が発出し、この光線の中に子供たちは神の中に沈んでいる自分たちを見た。フランシスコとヤシンタは天に向かってあがっていた光線の中にあるように見え、ルチアは地上に傾く別の光線の中にあったように見えた。彼らは出現者の右手の前に、茨に取りまかれ、いたるところ刺されている心臓を見た。子供たちは、これはマリアの汚れないみ心で、世界の数々の罪で苦しめられ、償いを願っているものと悟った。
         そのときから彼らは、この透徹する光線は彼らに、マリアの汚れないみ心にたいする内密な認識と特別な愛を伝通するのを目的としたことを確信した。この日から三人は、自分たちの心の中に天のおん母のみ心にたいする熱烈な愛を感じた。
         以上の話に、なおルチアはつけ加えた。
        「六月のご出現の時貴婦人は私たちに黙るように、命じられたのではありませんが、私たちはみ主がそうするようすすめられるのを感じたのでした。」
         三人は自分たちの将来に関することは、自分たちだけのために守るのが義務であると思った。特に、両親にたいしてその子供たちの近い死を知らせるのはよくないと思った。
        つづく

        第一回のご出現 

        2014.06.17 Tuesday

        0
          『ファチマのロザリオの聖母』渡辺吉徳編訳…ドン・ボスコ社 1983年改訂3版(1954年初版)より

          第一回のご出現 1917年5月13日


          1917年5月13日、ご昇天祭の前の日曜日の、五月晴れの美しい日であった。
           三人の牧童たちは教会へ行って、第一のミサにあずかった。ミサ中の説教は、祈りの力についてで、教皇ベネディクト十五世の回勅(1917年5月5日付)をあげて、平和回復のためより強く祈りに力を入れるようにとのお話しであった。
           教会から家に帰った子供たちは、べんとうをもって羊たちと家を出た。はじめゴーヴェイアへ向かう道をとったが、途中で引き返して、ルチアの両親が少しばかりの土地をもっているコヴァ・ダ・イリア(イレネの小谷の意)へ行くことにした。
           子供たちが羊を連れてコヴァへ向かうと同じころ、ローマのシクスチンの小聖堂では、のちの教皇ピオ十二世、エウゼニオ・パチェリの司教叙階式が執行されつつあった。教皇ご自身、ご自分の叙階式とファチマの第一回ご出現との同日・時性を深く記憶され、彼の文書、講話にその反響が見られるのである。
           さて、遠くのほうで正午の鐘の鳴るころ、目的地についた子供たちは、簡単なべんとうをすませると、草の上にひざまずいていっしょにロザリオを唱えた。
           ロザリオが終わると、羊たちを見失わない程度の坂の上にのぼり、そのあたりにたくさんある石で家を造って遊んでいた。(この場所に数年後建立されたファチマの大聖堂の最初の土台石がおかれ、同じ所に、現在ヤシンタの墓所がある)と、とつぜん、ひじょうにはげしい閃光があった。
           子供たちはあたりを見回した。空には雲一つなかった。だかしかし、山のうしろから夕立がやってくるかもしれない。恐ろしくなって三人は家に帰ることにし、坂をおり、羊の群を追った。坂下におりたとたん、前よりももっと強い閃光がして、恐れにとらわれた三人はその場に立ちすくんでしまった。互いに顔を見合わせ、おどろきで物もいえず、ある神秘的ふるえが子どもたちの体内に走った。そして同じ力にうながされたように、三人は同時に右のほうに目をやった。
           不思議なことに! 数歩離れた所、小さなひいらぎの木の上に、光そのもののように輝く一人の貴婦人が立っていた。まばゆく、目がくらみ、恐ろしさのあまり逃げだそうとすると、出現者は母親のようなやさしい身振りで声をかけられた。
          「こわがらないで。私はあなたたちに悪いことはしません。」
           子供たちはそこに立ち止まり、われを忘れて見とれた。
           出現者はまったくうるわしく、年のころは多くても十八歳ぐらいに見えた。雪のようにまっ白い衣は両足にまで達し、衣のくびのあたりは金色の紐で結ばれ、その端は胸の下まで垂れていた。御足はほとんど見えず、ひいらぎの枝にふれていた。黄金でふちどられた純白のマント(あるいはベール)は、頭、肩をおおい、ほとんど衣と同じ長さに足までかかっていた。両手は祈りの形で胸の高さに合わされ、銀色の十字架のついた、真珠のように光る白色の珠のロザリオが右手からさがっていた。太陽のような光輪の中に、端麗優雅なお顔は晴れ晴れとしていたが、軽く愁いの色が漂うていた。
          恍惚の沈黙。ややあって、ルチアは勇気を出してたずねた。
          「あなたさまは、どちらからおいでになりましたか?」
          「私は天国からまいりました。」
          「それで、なんのご用でここにおいでになりましたか?」
          「私はあなたがたが六ヶ月続けて、毎月の十三日、今日と同じ時間に、ここにいらっしゃることをお願いにまいりました。
          十月には私がだれであるか、何を望むかを申しましょう。」
           ルチアは信頼心を起こして続けた。
          「あなたは天国からいらっしゃいましたね。私も天国へゆくでしょうか?」
          「そうです、あなたは天国へゆくでしょう。」
          「ヤシンタは?」
          「ヤシンタも。」
          「フランシスコは?」
          この時出現者は、母親のような慈愛と同情の混じった面もちで少年に目を注いでいわれた、「フランシスコもゆきますが、しかしあの子もロザリオを唱えねばなりません。」
          貴婦人との会話について、子供たちは一語も忘れないのだが、ある事がらは三人お互い以外の人に語るのは不謹慎または虚栄のように見えて、沈黙を守ったこともある。
           しかし子供たちはつぎのことを人々に語った。
          自分たちの小教区内で最近亡くなった二人の女児の一人はすでに天国にあり、もう一人はまだ煉獄にあると知らされた、と。
           ルチアはその第二の手記につぎのことを記している。貴婦人は最初のご出現のときすでにいわれた。
          「あなたがたは主に犠牲をささげ、主に背くたくさんの罪の償いのため、主があなたがたに送られる苦難をお受けしますか? 罪人たちの改心を得るため、マリアの汚れないみ心になされる冒涜とあらゆる侮辱の償いのために、苦しむことを欲しますか?」
          「はい、私は欲します」
          とルチアは三人の名において熱誠をこめて答えた。出現者は母親のような身振りで、三人の子供の寛大な態度がお気に召したことを示され、そしてつけ加えられた、
          「あなたがたはうんと苦しまねばなりません。しかし主のお恵みがいつもあなたがたをお助けになり、お支えくださいます。」
          「こういわれてから出現者は、その時まで胸の前で合わせていた両手を広げて、司祭がドミヌス・ヴォビスクムというときのような動作をなさった。
           この簡単な動作は、子供たちのほうに神秘的光線を発射したが、それはひじょうに強くかつ透徹するもので、魂の底深くまで達し、子供たちは自分ら自身を主の中に見せしめた。主ご自身がこの光であり、もっとも清い鏡の中に見るよりももっと明らかに自分らを見た。
           その時抵抗できない衝動に動かされて子供たちはひざまずき、力をこめて反復した。
          「おお、いと聖き三位一体よ、私は主を礼拝します。私の主よ、私の主よ、私は主をお愛しします!」
           別れる前に、子供たちに、世界の平和を得るため毎日熱心にロザリオを唱えることを、勧められた。その時ルチアはたずねた。
          「戦争はまだ長く続くか、またはまもなく終わるか、いっていただけますでしょうか?」「まだいえません。私の望むことをまだあなたにいっていませんから」というお答えであった。そして歩くというより、すべるように、美しい貴婦人はまっすぐ東のほうに遠ざかり、太陽の光の中に消えていった。
           われに返った子供たちは幸福そうに、顔を見合わせ、自分たちの印象を語りあった。
          三人とも完全に出現者を見たが、出現者はルチアとだけ語られた。フランシスコは貴婦人の声は聞こえなかったが、ルチアの話したことは聞こえた。ヤシンタは問いと答えの全部を聞いたが、会話には加わらなかった。ご出現はおよそ十分間ぐらい続いた。
           そして、羊らは? フランシスコは、羊らが勝手に近くのえんどう畑に入りこんでいるのをまず見つけた。そして大急ぎで追い出しにかかった。他家の畑を荒らしたのでは、どんな叱りを受けるかわからない、しかし、よく見ると損害は別に加えていない。「えんどうはちっとも食べていなかったのでよかったですわ」とルチアはのちに語った。
          三人はもう遊び続ける気がしなかった。天とこの新しい接触ののち、彼らの魂はよろこびに満たされていた。だまりこんでしまって、自分たちの魂の中で、見たこと聞いたことを味わい続けた。
           ヤシンタは、だが、時どき甘美な沈黙を破って繰り返した。
          「ああ、なんときれいなお方! ああ、なんときれいなお方!」
           三人はまだ東のほうを眺めながら、見えなくなった貴婦人の光の跡を目と心で追っていた。ヤシンタは両手を合わせ、
          「ああ、ほんとうにきれいなお方だった!」と繰り返した。ルチアはこれからのちに起こり得ることを心配して、従妹にいった。
          「少なくとも、それをみんなにしゃべってはだめよ。」
          「何もいわないわ、心配しないで」とヤシンタは答えた。
           しかし、家に帰るといつもその日の出来事を母に聞かせてからでないと眠らないヤシンタは単純に母親に語った。ヤシンタの母親は翌朝、この話しの真偽をルチアの母親にただした。この間、フランシスコはヤシンタから秘密のもれたことをルチアに知らせたので、ルチアはヤシンタと二人きりになった時これをなじった。ヤシンタはあやまりながらも自分の胸を指さして、「ここに何かしらあって、だまっていられなかったのですもの」と弁解した。
          ルチアの母は八日の沈黙のあとで、時期をみてルチアにたずねたので、ルチアは事のてんまつを残らず物語った。恐れをなした母は、きびしく娘を叱り、主任司祭のところへ行き、
          「…この不幸はみな、私どもに降りかかってきます!」といって嘆いた。主任司祭は、
          「どうして、それが不幸です。…もしほんとうだったら、それはむしろご家族にとって大きな祝福でありましょう。」
          「…もしそれがほんとうだったら…、けれどもほんとうであるはずがありません、…娘がうそをついているのです。あの娘がうそをいうのはこれが始めてですが、うそをつくことが、どんなものか悟らせてやります。」
           こうして娘にたいする折檻が始まることになった。ルチアにとって、それからしばらくのあいだの母の態度は、ほんとうに十字架であった。ここにくわしく述べないが、三人の子供たちが「はい、私どもは苦しむことを欲します」とお約束申しあげたことの実行は、すでに始まっているのである。
           うわさは村中に広がった。人々は子供たちを質問ぜめにし、彼らを信ぜず、あざわらい、うそつきと見なした。子供たちは自分らのいった同じことを繰り返すだけで満足し、貴婦人に従うため、毎月十三日、六ヶ月続けてコヴァに行く、といった。